福島県いわき市の痩身ダイエットや小顔フェイシャル、脱毛で人気のエステサロン「Grace」

ブログ

|

すっぴん美人になるためにできる正しいスキンケアやメイク方法とは

すっぴん美人になるためにできる正しいスキンケアやメイク方法とは

女性なら一度は憧れたことがあるであろう「すっぴん美人」。

「私は美人じゃないから無理…」

なんて諦めている人は多いかもしれません。

しかし、すっぴん美人にとって一番大切な「美肌」は、毎日の過ごし方次第で誰でも目指すことができます。

ここでは、すっぴん美人になるためのスキンケア、食事、生活習慣などについてやすっぴん美人を演出できるメイク法もご紹介します。

どれも簡単な方法なので、自分ができることから始めてみましょう。

そもそもすっぴん美人って何?

すっぴん美人とは素肌が美しく透明感がある人のことを言います。

メイクをしていなくても、まるでメイクしているかのように美しい素肌を持っている人がすっぴん美人です。

では、具体的にすっぴん美人の特徴を5つご紹介していきます。

肌がきれい

すっぴん美人の大きな特徴は「肌がきれい」なことです。

すっぴん美人は吹き出物やシミ・しわがなく、ファンデーションいらずのお肌をしています。

メイクをした状態とメイクをしていない状態の間に差はなく、素肌で出かけても違和感がないくらいの美肌の持ち主であることがすっぴん美人の条件の1つです。

肌に潤いがある

お肌自体がきれいであることに加えて、お肌がプルンと潤った状態であることもすっぴん美人の特徴です。

お肌が乾燥していると、お肌にハリや潤いが感じられず実年齢よりも老けて見えてしまうことがあります。

また、老けて見えるだけでなく乾燥によって肌トラブルが起こってしまうこともあります。

顔色がいい

すっぴん美人であるためには顔の血色も重要です。

ノーメイクでも美しく見えるためには、素肌の血色がよくて健康的である必要があります。

メイクをするときにチークや口紅でカラーを入れるのは血色をよく見せて健康的な演出を行うためです。

メイクをしなくても美しいすっぴん美人は、ノーメイクの状態でも血色がよく、健康的なことが条件の1つです。

自然な眉毛

すっぴん美人は自然で美しい眉毛であることも重要です。

メイクを落としたら眉毛がないという人も多いですが、眉がないと不健康で違和感のある表情になってしまいがちです。

ノーメイクでも美しいすっぴん美人は眉がしっかりとあり、違和感がないのが特徴です。

薄化粧でも外出できる

すっぴん美人は素肌がきれいなので、あえてファンデーションなどメイクを厚塗りする必要がありません。

そのため、薄化粧でも外出できるのが特徴です。

すっぴん美人の多くは使用する化粧品が少なく、メイク時間も短いと言われています。

素肌がきれいで化粧も薄くてよいすっぴん美人は女性の憧れですが、どうすればすっぴん美人を目指すことができるのでしょうか。

次にすっぴん美人になるためにはどうすればよいかについてご紹介します。

すっぴん美人になるためには

すっぴん美人になるためにはノーメイクでも外出できるくらい素肌がきれいなことが大切です。

素肌の美しさをキープするために大切なことは毎日過ごし方を整えることです。

肌そのものの美しさをキープするためには、健康的な生活を送って体の内側から美しくする必要があります。

では、これからすっぴん美人を目指すためのスキンケア・食事・生活習慣をご紹介します。

すっぴん美人を目指すためのスキンケアとは

すっぴん美人を目指すためのスキンケアとは

すっぴん美人の条件である美肌のためには、正しいスキンケアを行うことが大切です。

みなさんも何かしらのスキンケアを毎日していると思いますが、そのケアは本当に正しいケアですか?

当たり前に毎日行っているケアが実は間違っていては意味がありません。

一度自分のケアが正しいかどうか確認してみましょう。

【合わせて読みたい記事】

スキンケアで乾燥肌からうるおい美肌を目指すお手入れとは

クレンジング・洗顔でしっかりと汚れを落とそう

まずは家に帰ったらすぐにクレンジングと洗顔を行ってメイクや汚れを落としましょう。

スキンケアの基本はまず汚れを丁寧に落とすことです。

メイクや汚れをしっかりと落としてからお肌に栄養を入れてあげることが大切です。

ただし、きれいに汚れを落としたいからといって強い力で擦ったり長い時間洗ったりしないようにしましょう。

お肌にとって摩擦や洗いすぎはストレスになってしまいます。

優しくさっと洗うことが大切です。

では、これから正しいクレンジングと洗顔の方法をご紹介します。

クレンジングの方法

  1. クレンジングを適量(量は化粧品の説明書で確認しましょう)手のひらにのせる
  2. クレンジングを顔全体になじませて擦らずに洗う
    • 1分以内に行いましょう。
  3. ぬるま湯でやさしく丁寧に洗い流す
    • 水圧の強いシャワーや熱いお湯で洗い流すとお肌の負担となるので、ぬるま湯で優しく洗い流しましょう

洗顔の方法

  1. 洗顔料をてのひらに適量(量は化粧品の説明書で確認しましょう)とり、しっかりと泡立てる
  2. 泡立てた洗顔料を顔にのせ、指先でやさしく円を描くように洗う
  3. ぬるま湯で丁寧に洗い流す

水圧の強いシャワーや熱いお湯で洗い流すとお肌の負担となるので、ぬるま湯で優しく洗い流しましょう

保湿で乾燥から守ろう

クレンジング・洗顔でメイクや汚れを落としたら、次はお肌の保湿を行いましょう。

洗顔後のお肌は乾燥しやすい状態なので、できるだけすばやく行うのがコツです。

保湿を行うときにはお肌を擦らずやさしく行うようにしましょう。

では、正しい保湿の方法をご紹介します。

保湿の方法

  1. 化粧水をコットンもしくは手にとって顔全体になじませる
  2. あれば美容液を気になる部分(目元・口元など)になじませる
  3. 乳液を顔全体になじませる
  4. 乾燥が気になる部分にクリームをつける

このような流れで保湿を行うのが基本です。

ただし、メーカーによって手順に違いがあるのでご使用の化粧品の使い方を一度確認してみましょう。

日焼け対策をしよう

美しい素肌を保つためには紫外線対策を徹底しましょう。

実は、紫外線はお肌の老化やトラブルの大きな原因の1つです。

毎日スキンケアの一環として日焼け止めを塗って、お肌を紫外線から守りましょう。

では、基本的な紫外線対策をご紹介します。

【合わせて読みたい記事】

油断して日焼けしてしまった!日焼け後にやるべき肌のアフターケア方法とは

日焼け対策の基本

日焼け止めを塗る

日焼け止めは夏だけではなく冬でも毎日欠かさず塗るようにしましょう。

紫外線は特に夏場に多いですが、冬でも曇りの日でも1年中降り注いでいます。

お部屋の中にいても窓を通過してくる紫外線もあります。

日焼け止めは毎日欠かさず塗るようにしましょう。

日傘や帽子を使う

日焼け止めはある程度の紫外線を防いでくれますが完璧なものではありません。

日差しが強い時間帯に外出するときは紫外線に当たる量が減るように日傘や帽子を使用するようにしましょう。

サングラスを使う

実は目が紫外線を浴びるとお肌の日焼けにも影響を与えてしまいます。

日差しが強い時間帯に外出するときはサングラスを使用して目を守りましょう。

サングラスを購入するときはUVタイプを選ぶようにするのがおすすめです。

ブルーライトにも注意!

スマートフォンやパソコンの画面から出るブルーライトに含まれる光もお肌への刺激になると言われています。

最近はブルーライトカットの効果が期待できる化粧品も出てきています。

ブルーライト対応の眼鏡もどこでも購入できるようになりました。

ブルーライトを浴びる時間が多い人は、ブルーライトの対策もしてみましょう。

すっぴん美人を目指すための食事とは

すっぴん美人を目指すための食事とは

美しい素肌を保つためには毎日の食事が大切です。

皮膚をはじめ人間の体は毎日の食事でできていると言っても過言ではありません。

体の内側から健康になって美しいお肌を保ちましょう。

では、これからすっぴん美人を目指すための食事についてご紹介します。

バランスの整った食事をしよう

美しい素肌のためには栄養バランスの整った食事をすることが大切です。

脂っこい食事やお菓子ばかり食べていては皮脂の分泌が過剰になり、にきびや吹き出物ができやすくなります。

また、お肌をつくる栄養素であるタンパク質やビタミンが不足すると、お肌のターンオーバーが乱れて美肌をキープすることが難しくなります。

美肌を保つためにバランスのよい食事を心がけましょう。

では、美肌に効果的な栄養素をご紹介します。

栄養素特徴食品
たんぱく質筋肉・皮膚など体の組織をつくる魚肉卵乳製品 
ビタミンA目・粘膜・皮膚の健康を保つうなぎにんじんにら
ビタミンCコラーゲンを生成する鉄分の吸収を促進する赤ピーマンブロッコリーキウイイチゴ
ビタミンE体内の酸化を防ぐかぼちゃうなぎピーナッツ
亜鉛新陳代謝を促す体内の酸化を防ぐ肉魚大豆

食事は栄養バランスも大切ですが3食しっかり時間を決めて食べることも大切です。

毎日決まった時間に食事を行うことで自律神経も整いお肌も美しくなります。

水を毎日1.5ℓ以上飲むようにしよう

潤いのあるお肌を保つためには体が内側からも潤っていることが重要です。

体を内側から潤わせるためにはしっかりと水分を摂り、最低でも1日1.5ℓくらいの量のお水を少しずつ飲むようにしましょう。

一気に飲むと水分がすぐに排出されてしまうので、ゆっくりと少しずつ飲むのがポイントです。

では、次にすっぴん美人を目指すための生活についてご紹介します。

すっぴん美人を目指すための生活とは

すっぴん美人を目指すための生活とは

すっぴん美人を目指すためには、健康的な生活を送ることが大切です。

健康的な生活をするとお肌の老廃物がうまく排出され、きれいな素肌を保つことができます。

では、すっぴん美人を目指すための生活をご紹介していきます。

質の高い睡眠をとろう

すっぴん美人になるためには質の高い睡眠が重要です。

皮膚のターンオーバーは寝ている間に起こります。

ターンオーバーとは、古い皮膚から新しい皮膚に生まれ変わる働きのことで、この働きが活発であればあるほど美しいお肌が保たれるということになります。

【合わせて読みたい記事】

効率的な肌のターンオーバーとは?仕組みや気を付けたい習慣とは

理想の睡眠時間は6~8時間です。

睡眠時間が短いと肌のターンオーバーが十分に行えず、老廃物が溜まってしまい肌トラブルにつながってしまいます。

できるだけ睡眠時間をしっかりととってお肌を休めてあげましょう。

多すぎる睡眠時間にも注意!

睡眠は多すぎても体の負担となってしまいます。

睡眠中も体は活動しているので、あまりに長い時間寝ていると逆に疲れてしまうこともあります。

自分にとって最適な睡眠時間を見つけるようしましょう。

また、できれば同じ時間に寝るのがおすすめです。

毎日同じ時間に寝て同じ時間に寝るようにすると体内のリズムが整って自律神経も整います。

質の高い睡眠のためのポイント

  • 寝る2時間前に入浴をして体を温める
  • 寝る前にテレビやスマートフォンを見ない
  • 寝る直前に食事をしない
  • 寝室にアロマを焚く

毎日湯船につかろう

すっぴん美人を目指すためには毎日お風呂に浸かって体を温めることが大切です。

美肌にとって冷えは天敵です。

体が冷えると血流が悪くなり顔色も悪くなってしまいます。

冷えは「万病のもと」とも言われるくらい健康にとっても大敵です。

夏場でクーラーのあるところにずっといると体の芯は冷えていることが多いです。

できれば夏でも湯船にゆっくりと浸かって体を温めるようにしましょう。

適度な運動をしよう

すっぴん美人を目指すためには適度な運動をしましょう。

運動をすると血流が良くなり筋肉量もUPします。

適度な運動はストレス解消にも効果的です。

ウォーキング・ランニング・水泳・ヨガなどの有酸素運動をすると美肌への効果が期待できます。

ただし、紫外線が強い時間帯のウォーキングやランニングを行うときなどは熱中症や日焼けに注意するようにしましょう。

無理をしすぎない程度に行うと長く続けられます。

上手にストレスを発散させよう

すっぴん美人を目指すためにはストレスを上手に発散させることも大切です。

ストレスを溜めるとホルモンバランスが乱れて肌荒れなどの肌トラブルにつながってしまうこともあります。

また、ストレスが溜まっていると表情も暗くなりがちです。

美しい素肌をキープして活き活きとした表情で過ごすためにはストレスを溜め込まずに上手に発散することが大切です。

すっぴん美人にとって表情も大切

すっぴん美人にとってお肌のコンディションは大切ですが、表情も大切です。

暗くて元気がない表情をしているとせっかくきれいな素肌をしていても健康的で活き活きしているように見えません。

最近はマスクをつける機会が多くて口角が下がりがちなことが多いですが、マスクの下でも口角を上げて笑顔を意識するようにしましょう。

すっぴん美人を目指すための方法を紹介してきました。

全部取り入れるのは難しいかもしれないので、自分ができる簡単なことから試してみましょう。

では、次にすっぴん美人をメイクで演出する方法をご紹介します。

すっぴん美人を演出するメイク法とは

すっぴん美人を演出するメイク法とは

まるですっぴんに見えるようなメイク「すっぴん美人風メイク」はいつの時代も人気があります。

就職活動やお付き合いする方のご両親へのあいさつのときなど、相手に好印象を持ってもらえるのがすっぴん風メイクの特徴です。

これからすっぴん美人風メイクのポイントをいくつかご紹介するので、ぜひチェックしてみましょう。

ファンデーションなしで自然なお肌に

すっぴん風メイクの基本は「ベースメイクは薄く!」ということです。

ベースメイクが厚塗りだと化粧している感が出てすっぴんのような印象を与えることができません。

ベースメイクはできるだけ薄く、でも気になるところは上手に隠してきれいな素肌を演出しましょう。

【すっぴん風ベースメイクの方法】

  1. スキンケアをしてから日焼け止めを塗る
  2. 化粧下地を顔全体になじませる
  3. フェイスパウダーをのせる

*Tゾーンはしっかりめにフェイスパウダーをつけるようにしましょう。

眉メイクが顔の印象を左右する

眉・まつ毛は実は顔の印象を左右するメイクにとって大事なポイントです。

すっぴん風を演出するためには「書いた感」を消して自然な仕上がりの眉をつくっていきましょう。

まつ毛もしっかりと上向きにカールしていると健康的で美しい印象を演出することができます。

では、これからすっぴん風眉メイクとすっぴん風まつ毛メイクの方法をご紹介します。

すっぴん風眉メイクの方法

  1. 細いアイブロウペンシルで眉毛が薄い部分に毛を足すような感じ1本ずつ書いていく
  2. アイブロウパウダーをのせて1で書いた部分をぼかしつつバランスを整える

すっぴん風まつ毛メイクの方法

  1. ビューラーでまつ毛を上げる
    • 毛先・中間・根本に分けて少しずつ行うときれいに仕上がります。
  2. 透明マスカラ・カールを持続させるタイプのマスカラをつける

目元・口元は自然な色合いで仕上げよう

すっぴん風を演出するためにはあまり色の主張が強いアイメイクや口元のメイクは控えましょう。

肌になじむ自然な色合いの化粧品を使うのがおすすめです。

アイシャドウにはよくラメ入りタイプがありますが、ラメ入りはお化粧感が強くなるので控えましょう。

口紅も濃い赤やピンクではなく薄くて自然なピンクなどを選ぶと自然に仕上がります。

まとめ

すっぴん美人とはノーメイクでもまるでメイクしているかのように美しい素肌のきれいな人のことを言います。

生まれつきの顔立ちや肌質だけに左右されないため、日常生活の心がけで誰でも目指すことができます。

すっぴん美人を目指すために大切なことは生活習慣を整えることです。

正しいスキンケアを毎日地道に続け、食事や睡眠など基本的なことを丁寧に行うことで誰でもすっぴん美人を目指すことができます。

誰でもすぐにすっぴん美人に近づける「すっぴん美人風メイク」もおすすめです。

すっぴん美人を目指すというとは生活を整えて健康を目指すことでもあります。

これを機に自分の生活を見つめ直して体の内側からも外側からもきれいになっていきましょう。

すっぴん美人になるためスキンケアのことならいわき市のエステサロン「Grace」のアクセス情報

  • エステサロンGrace いわき市店
  • 〒972-8316 福島県いわき市常磐西郷町岩崎1−1 メリディアン 2F
  • 電話番号:0246-51-6161
  • 定休日:日曜日・祝日

この記事の監修者

エステサロンGraceの代表「賀澤あゆみ」

エステサロンGrace代表 賀澤あゆみ

福島県いわき市にあるプライベートエステサロンGraceの代表兼エステティシャン。REVI陶肌トリートメントエステティシャン・スクール認定講師やMedical Lymph Therapist、Face Lymph Therapist、モルディングハーブセラピスト、SBTスーパーブレイントレーニングライセンス3級など美容に関わる資格を多数保有しており、”美”の専門家として多方面で活躍中。