ハーブピーリングって何?期待できる効果や使用方法とは

ハーブピーリングで美肌を目指そう!

ハーブピーリングとは、植物や海藻由来の成分を配合した薬剤を使って、肌のターンオーバーを促してくれる施術のことです。

一般的なピーリングは肌表面の古い角質を取り除きますが、ハーブピーリングは肌の内側を刺激して再生力を高めてくれるのがポイント。

施術を受けられるサロンが増えてきたり、徐々に人気が高まっている一方で、効果や注意点などわからないことも多いのではないでしょうか。

この記事では、ハーブピーリングとケミカルピーリングとの違いから、ハーブピーリングの効果や種類、注意点まで詳しく解説します。

ハーブピーリングとは?

ハーブピーリングとは?

ハーブピーリングとは、ハーブなどの植物や海藻由来の成分を配合した薬剤を使って、肌のピーリングをする施術のことです。

そもそもピーリングとは、肌表面にある古い角質や余分な角質を取り除き、表皮の細胞の新陳代謝を促すものです。

通常、角質は28日周期で剥がれ落ちて新しい肌に生まれ変わりますが、ピーリングを使用すれば肌の生まれ変わりを早める効果が期待できます。

 

ハーブピーリングは、肌表面の古い角質を剥がす一般的なピーリングとは異なり、肌の内部に働きかけるのがポイントです。

「スポンジア」と呼ばれる棘状の成分が細胞を刺激し、ターンオーバーや血流を促進してくれます。

内側からの刺激によって古い角質が自然に剥がれ、有効成分が浸透するので、肌の内側・外側どちらの健康も目指せるでしょう。

ハーブピーリングには、痛み・赤み・皮膚の剥離などの症状を伴うダウンタイム(施術からの回復期間)があるのも特徴です。

ケミカルピーリングとの違い

ケミカルピーリングとの違い

ケミカルピーリングとハーブピーリングの違いは、使用する薬剤や肌へのアプローチ方法などが挙げられます。

 

ケミカルピーリングは、酸などの薬剤を使用して、肌表面にある角質を取り除く施術のことです。

肌の角質層や表皮上層部に直接働きかけて、角質を剥がれやすくし、肌のターンオーバーを促します。

 

一方で、ハーブピーリングとは「スポンジア」と呼ばれる棘状成分が肌の細胞を刺激し、血流やターンオーバーを促進してくれる施術のことを言います。

肌の外側に働きかけるケミカルピーリングとは異なり、肌の内側から刺激してくれるのが特徴です。

また、ハーブなどの植物や海藻など、天然由来の成分を配合した薬剤を使用するのもポイントと言えるでしょう。

 

どちらの方法も、肌の新陳代謝を促進してくれるので、ニキビ・毛穴・くすみなど肌のトラブル改善の効果が期待できます。

一般的に、ケミカルピーリングにはダウンタイムがほぼなく、ハーブピーリングには1週間弱のダウンタイムがあるのも大きな違いです。

ハーブピーリングの効果

ハーブピーリングは、ケミカルピーリングや市販のピーリングと比べて、費用が高い傾向にあります。

その分、天然由来の薬剤を使用する安全性や、期待できる効果の高さが魅力とも言えるでしょう。

ここでは、ハーブピーリングの効果を4つに分けて紹介します。

肌のターンオーバー促進

肌のターンオーバー促進

ハーブピーリングは、肌のターンオーバーを促進してくれる効果が期待できます。

ターンオーバーとは、肌の細胞が一定周期で新しく生まれ変わることを言います。

一般的に28日周期で角質が剥がれ落ち、肌が生まれ変わりますが、ハーブピーリングでは3日ほどに短縮できるのが特徴です。

 

加齢などの影響によってターンオーバーが遅れると、肌のくすみや乾燥、シワ、ニキビなど様々な肌トラブルの原因になります。

そのため、ハーブピーリングなどの施術を定期的に受けて、ターンオーバーを促進させてあげることが大切です。

 

【合わせて読みたい記事】

効率的な肌のターンオーバーとは?仕組みや気を付けたい習慣とは

ニキビ・ニキビ跡の改善

なかなか治らないニキビや、薄くしたいニキビ跡の改善にも、ハーブピーリングは期待できます。

そもそもニキビとは、古い角質が剥がれ落ちずに肌表面にとどまり、毛穴を詰まらせてしまった結果起こる炎症のことです。

角質は、肌のターンオーバーによって剥がれ落ちるはずですが、新陳代謝が遅くなるとニキビの原因になります。

 

ニキビ跡が残りやすいのも、ターンオーバーの乱れや遅れによって、肌の生まれ変わりが遅れるためです。

そのため、3日ほどで角質が剥がれ落ちてくるハーブピーリングには、ニキビやニキビ跡の改善が期待できるのです。

シミ・ほうれい線などアンチエイジング

シミ・ほうれい線などアンチエイジング

ハーブピーリングは、シミやほうれい線の改善などアンチエイジングの効果も期待できます。

年齢を重ねると、日焼けしたシミが現れたり、頬のたるみなどによるほうれい線が気になる方も多いのではないでしょうか。

 

シミの原因は、主に紫外線とターンオーバーサイクルの遅れによるものです。

肌は、紫外線を浴びると黒色の色素を持つメラニンを生成します。

メラニンは、本来ターンオーバーの28日周期で古い細胞とともに剥がれ落ちますが、周期が遅れると細胞が剥がれ落ちる力が弱まりシミになってしまうのです。

 

また、ほうれい線は、頬の筋力の衰えなどが原因で目立ちやすくなります。

ほうれい線の改善には、表情筋を鍛えたり、肌のハリをキープしたりすることが大切です。

ハーブピーリングには、ターンオーバーを促進する効果や、肌の内部に浸透して筋肉を刺激する効果もあるので、アンチエイジングが気になる方にもおすすめです。

角質や毛穴のケア

角質や毛穴のケア

ハーブピーリングは、肌を内側から刺激して角質が自然に剥がれるよう促すものなので、角質や毛穴ケアもできるでしょう。

外側から肌表面の角質を除去して、肌のざらつきを減らす一般的なピーリングとは異なり、肌本来の機能であるターンオーバーを促すのがポイントです。

ただ肌の表面をきれいにするだけでなく、健康的でみずみずしい肌を再生してくれます。

 

古くなった角質や毛穴の黒ずみなどを除去すれば、肌の透明感やトーンアップにもつながるでしょう。

定期的にくり返し施術を受けることで、肌質の改善を実感しやすくなります。

リフトアップ効果

ハーブピーリングは、棘状成分を肌に浸透させてリンパや筋肉を刺激するので、リフトアップ効果も期待できます。

特にミネラルを多く含んだハーブピーリングであれば、筋肉に作用しやすいのも特徴です。

サロンやクリニックで施術を受ければ、薬剤を塗布すると同時にマッサージを行うので、より効果が実感しやすいでしょう。

ハーブピーリングの種類

ハーブピーリングの種類

ハーブピーリングの大きな特徴として、皮膚の剥離(剥がれ落ち)があることが挙げられます。

一方で、使用する薬剤の成分によっては、皮膚の剥離がないものもあります。

ここでは、ハーブピーリングの2つの種類について、それぞれ解説します。

皮膚の剥離があるタイプ

皮膚の剥離があるタイプのハーブピーリングには、次のような特徴があります。

  • 施術中に痛みがある
  • 施術当日のメイク・洗顔はできない
  • 当日から翌日にかけて赤み・むくみを感じる
  • 3〜4日後にかけて皮膚の剥離がある

 

ハーブの棘状成分を肌に浸透させて、肌のターンオーバーを促すため、施術中は痛みを感じる場合が多くあります。

施術後24時間は洗顔を控える、メイクは翌日から可能など、不便な点があるのも特徴です。

また、施術後3〜4日で日焼け後の肌のように皮が剥けてくるので、ダウンタイムは1週間弱程取るようにしてください。

その代わり、肌質改善の効果を実感する方も多いので、即効性を求める場合は検討するといいでしょう。

皮膚の剥離がないタイプ

皮膚の剥離がないタイプのハーブピーリングには、次のような特徴があります。

  • 施術中の痛みが少ない
  • 施術当日からメイク・洗顔が可能
  • 赤み・むくみなどを感じることも少ない

 

剥離がないタイプは、生薬や漢方の成分を配合している薬剤など、棘状成分が少ないものを使用しています。

肌への刺激が少ないので、皮膚の剥離があるハーブピーリングによる肌トラブルが心配な方におすすめの施術方法です。

ただし、剥離のあるタイプと比べて、即効性に欠けると感じる場合もあるので、継続的に施術を受ける必要があるでしょう。

ハーブピーリングの注意点

ハーブピーリングの注意点

肌のターンオーバーを促進し、トーンアップ効果やシミ・シワの改善も期待できるハーブピーリング。

高い効果が期待できる反面、刺激も強い施術なので、デメリットが気になりますよね。

ここでは、ハーブピーリングの注意点を3つ紹介します。

紫外線対策を入念におこなう

ハーブピーリングの施術を受ける前後は、色素沈着を避けるため、紫外線対策を行いましょう。

とくに剥離があるタイプのハーブピーリングの施術後は、痛み・赤みなどの違和感や皮膚の剥離があるなど、肌が繊細な状態です。

日焼けした後のように、皮が剥けている肌に紫外線を浴びてしまうと、色素沈着の原因になります。

 

そのため、できるだけ紫外線を避けて、日焼け止めや日傘・帽子などを活用するようにしてください。

紫外線を浴びる機会が少ない冬に、施術を受けるのもおすすめです。

数日間のダウンタイムがある

皮膚の剥離があるハーブピーリングの場合、1週間弱のダウンタイムがあるので、注意が必要です。

ダウンタイムの流れと目安は、次の通りです。

  • 施術後2〜3時間:赤みや火照り、むくみなどを感じる
  • 施術翌日:赤みやかゆみなどを感じる
  • 施術後3日:うっすら剥離が始まり、乾燥を感じる
  • 施術後4〜5日:皮膚が剥離し、新しい肌が見え始める
  • 6日目以降:剥離がおちつき、肌が生まれ変わる

 

上記のような症状に合わせて、施術後24時間は洗顔ができなかったり、メイクは翌日以降のみだったりといった注意点もあります。

剥離の期間や程度は個人差があるので、できるだけ人に会わない期間を選んだり、マスクをつけたりなど工夫できる時期を選ぶといいでしょう。

肌への刺激をできるだけ避ける

ハーブピーリングの施術後は、運動やサウナによる過度な発汗・皮脂分泌、除毛などによる肌への刺激は避けるようにしましょう。

とくに除毛など、直接的に肌の負担になる行為は、敏感になっている肌を刺激するので、炎症や傷跡ができる可能性があります。

ハーブピーリング後は、スムーズに新しい肌に生まれ変わるために、肌の保湿・保護をしっかりすることが大切です。

ハーブピーリングで美肌を目指そう!

ハーブピーリングで美肌を目指そう!

肌のターンオーバーを促進してくれるハーブピーリングは、美肌を目指したい方におすすめの施術です。

ハーブピーリングに含まれる棘状成分が肌の内側に浸透して、肌本来の機能である再生力を高めてくれるのがポイント。

ニキビ・ニキビ跡の改善やリフトアップ、シミ・シワなどアンチエイジングまで、さまざまな肌トラブルへの効果が期待できるでしょう。

 

一方で、皮膚の剥離があるタイプの場合、施術中の痛みや1週間ほどのダウンタイムがあるので、注意が必要です。

とはいえ、高い効果を実感する方も多いので、肌トラブルに悩んでいる方や美肌を目指している方は、ぜひハーブピーリングを検討してみてください。

ハーブピーリングのことならいわき市のエステサロン「Grace」のアクセス情報

  • エステサロンGrace いわき市店
  • 〒972-8316 福島県いわき市常磐西郷町岩崎1−1 メリディアン 2F
  • 電話番号:0246-51-6161
  • 定休日:日曜日・祝日

関連記事

  1.      陶肌トリートメントとは?注目される効果やおすすめ商品について

    陶肌トリートメントとは?注目される効果やおすすめ商品について…

  2.      光フェイシャルとは?

    光フェイシャルとは?施術内容や期待できる効果やリスク

  3.      フェイシャルエステとは?

    フェイシャルエステとは?期待できる効果や肌ケアの方法

  4.      顔のたるみについて

    気になる顔のたるみが起きる原因と解消するための4つの方法とは…

  5.      気になる二重あごの解消法!たるみをなくして綺麗なフェイスラインに

    気になる二重あごの解消法!たるみをなくして綺麗なフェイスライ…