気になる二重あごの解消法!たるみをなくして綺麗なフェイスラインに

気になる二重あごの解消法!たるみをなくして綺麗なフェイスラインに

二重あごのせいで太って見えてしまったり、老けて見られることはないでしょうか。

体形はそこまで太ってしないのに、二重あごになっているだけで全体的に体格が大きく見えてしまったり、実年齢よりも高く見えてしまうこともあるでしょう。

あごや首は年齢が出やすい部位です。

さらに二重あごは放っておくとたるみ、首のシワを作る原因にもなります。

二重あごになってしまう原因は、生活習慣や筋肉の衰えなど様々ですが、正しい対策をすればすっきりしたあご・フェイスラインを目指すこともできます。

この記事では二重あごになってしまう原因と対策、改善方法をご紹介します。

二重あごのせいで見た目で損をしていた方、二重あごを予防して顔や首全体をすっきりさせたい方は、是非ご覧ください。

無意識が二重あごに・・・二重あごになる原因

無意識が二重あごに・・・二重あごになる原因

二重あごは一朝一夕でなるものではありません。

  • 気づいたら体重を増えていた・・・
  • シワができた・・・

というように、日々の生活習慣のクセや筋肉の衰えが原因でできてしまうのです。

そんな二重あごになると考えられる5つの原因をご紹介します。

普段の生活の中で無意識にしていないかチェックしてみましょう。

  1. 姿勢が悪い
  2. 歯のくいしばり
  3. 顔の歪み
  4. 表情筋の衰え
  5. 過度なむくみ

姿勢が悪い

猫背になっていたり、長時間首を前に出してスマホを見て、姿勢が悪くなることはありませんか。

最近よく聞かれる「スマホ首」とは、正しい姿勢の場合首の骨を横から見ると、緩やかにS字カーブを描いていますが、スマホ首は首の骨は縦にまっすぐ積まれている状態(ストレートネック)になります。

長時間この状態でいると首が柔軟さを失って固くなり、動きにくくなったことであごがたるみ、二重あごになってしまうのです。

また、姿勢が悪いと無意識に前傾姿勢になるため、首やあごだけでなく、肩周りに脂肪がつきやすくなったり、バストの位置が下がるなどのデメリットも多くあります。

歯のくいしばり

歯のくいしばり

無意識に歯を食いしばることも二重あごになる原因の一つです。

ストレスやクセで歯を食いしばっていたり、寝ているときに歯ぎしりをしていることはないでしょうか。

食いしばる時間が長いと、口を開けるときに使う耳の前にある筋肉の開口筋群を使う機会が相対的に減り、劣化しやすくなります。

その結果、開口筋群とつながっているあごの下の筋肉がたるみを引き起こし、二重あごになってしまうのです。

さらに、食いしばりを無意識に長時間していると、筋肉が緊張状態となり、血液やリンパの流れを阻害して表情筋の衰えにもつながることもあります。

顔の歪み

顔のゆがみは顔が左右非対称になるだけでなく、左右の筋肉をバランスよく使えなくなるため、顔と首全体のたるみにつながることがあります。

片方のあごだけで噛むクセや、頬杖をつくクセは顔をゆがませる原因の一つです。

筋肉を使わないところや、それを庇って過度に負担がかかっていると骨格と筋肉に左右差ができ、血行不良や脂肪の蓄積が始まり、身体の動きがアンバランスになっていくこともあるようです。

固いものを好まずに柔らかいものばかり食べて、咀嚼数が減ってあごを動かすことが少なくなるため、あごの筋肉が衰えてしまうのです。

顔の歪みだけでなく体全体の歪みは肩こりや腰痛、O脚に繋がることもあるため注意しましょう。

表情筋の衰え

表情筋の衰え

顔の表情筋と、連動している首の筋肉の衰えが原因の場合もあります。

筋肉の動きが乏しくなると徐々に衰えていき、弾力を失ってしまいます。

人の皮下組織には頬からあごにかけて厚めの脂肪層が存在しており、表情筋が衰えることによってこの脂肪が支えきれず、下垂してしまうのです。

加齢によって徐々に筋肉は衰えていきますが、あまり表情筋を使わなくなったり、しゃべる回数が減ってくると、筋肉の衰えを加速させることもあります。

顔のたるみなど見た目の変化だけでなく、滑舌が悪くなってきた、「さ」行がはっきり言えなくなってきた場合は舌の筋肉の衰えも考えられます。

舌の筋肉はあごの筋肉と連動しているため、舌の筋肉が衰えると同時にあごの筋肉も衰えて二重あごになりやすくなります。

過度なむくみ

脂肪やたるみが原因でなく、むくみが原因の場合もあります。

耳の下の耳下腺から鎖骨下にかけてリンパが流れています。

この部分のリンパや血液の流れが滞ると、体内の余分な水分を排出できずにむくみやすくなります。

日によって二重あごの出方が違っている場合は、むくみが原因と考えられます。

塩分の高いものや味が濃いものを食べたあとや、アルコール摂取量が多かった翌日にむくみやすい方に多いです。

むくみで重くなった頬やあごの脂肪が普段よりも下にたるんでしまい、さらに余分な水分が滞り、二重あごに見えてしまうのです。

二重あごを改善する5つのメリット

二重あごは顔が太って見えたり老けて見られるなど多くのデメリットがあります。

二重あごを改善してフェイスラインがきれいになると、見た目の印象が変わるだけでなく、他にもいくつかのメリットがあります。

二重あごを改善してすっきりしたあごになるメリットを知っておくと、この後ご紹介するエクササイスやマッサージを継続させるモチベーションにもなるでしょう。

二重あごを改善してすっきりさせる5つのメリットをご紹介します。

  1. 顔がシャープになって小顔に見える
  2. 姿勢が正しくなり若々しく見える
  3. 顔の血行がよくなり肌が明るくなる
  4. 滑舌がよくなり口内環境も改善される
  5. 肩や首がコリにくくなる

顔がシャープになって小顔見える

顔がシャープになって小顔見える

二重あごが解消される一番のメリットは、顔がシャープになってすっきりし、小顔に見えることでしょう。

あごはメイクでは隠せないため、ごまかしの効かない部位です。

だからこそ年齢や日ごろのお手入れの結果が出てしまいやすいのです。

あごを集中的にケアして二重あごがなくなれば、フェイスラインがすっきりし、正面だけでなく横顔の印象も変わるでしょう。

正面は自分からチェックできますが、じつは他の人からは横顔の方がよく見られています。

顔と首の境目がすっきり見えると鼻立ちが高く見えるため、痩せてシャープな印象に。

「この人なんだか老けたな・・・」「なんか最近太ったように見えるな」という印象は、パッと見た顔の印象で決まるため、まず見た目年齢を若くしたい、痩せたように見せたいという方はあごを集中的にケアしていきましょう。

姿勢が正しくなり若々しく見える

二重あごをなくすように意識した生活にすると、自然に背筋をピンと伸ばしてあごを引き、姿勢が正しくなります。

姿勢が正しくなるだけで歩幅が大きくなったり、立ち姿もキレイになるので、立ち居振る舞いが若々しく見えます。

背中が丸まって小さな歩幅でトボトボ歩いていると、若々しくはなかなか見られません。

ただ姿勢を正しくするように意識するだけで、歩く姿や立ち姿、座っているだけでも行動は変わってきます。

姿勢に気を付けると体の筋肉の動きが左右バランスよくなるため、お腹やヒップが引き締まった、二の腕や肩回りが痩せるなどのメリットもあります。

顔の血行がよくなり肌が明るくなる

顔の血行がよくなり肌が明るくなる

二重あご改善には、エクササイズやマッサージは欠かせません。

表情筋や首の筋肉を動かすことで血流もよくなり、くすみ改善が期待できるため、肌のトーンアップにも繋がるでしょう。

またリンパの流れがよくなるとむくみにくくなるため、朝からスッキリした顔でいられるでしょう。

最近顔色が暗い・・・クマができやすい・・・と感じている方は、顔の血流が悪いことが原因かもしれません。

しっかり寝ても変化がないようでしたら、エクササイズやマッサージを実践してみてください。

エクササイズは表情筋全体を動かすため、終わるころには顔が熱くなり、うっすら汗をかくこともあるでしょう。

顔が疲れて続けて行えない場合や、終わったあとにかなり疲れてしまうようでしたら、それだけ表情筋を使っていなかったこととも言えます。

終わったあとは血流がよくなっているので、メイク前にもおすすめです。

滑舌がよくなり口内環境も改善される

二重あごの方は舌の筋力が弱っていることが多いです。

舌とあごの奥の筋肉はつながっているため、舌の筋力が弱ると二重あごになってしまうのです。

そのため、あごや舌を鍛えるエクササイズをすると、二重あごが解消されるだけでなく滑舌がよくなる効果も期待できます。

さらに、舌を動かすと唾液腺が刺激されて唾液の量も多くなるため、口内環境がよくなり、口臭や歯周病を防ぐ効果にも繋がります。

口が乾燥しやすい方や滑舌の悪い方は、あごと舌の筋力をUPさせることで二重あごが解消されて口内環境が改善されるという、一石二鳥の効果が期待できるでしょう。

肩や首がコリにくくなる

二重あごを改善するような生活習慣にすると、必然的に肩周りや首の血流もよくなるため、肩こりが改善することもあります。

姿勢をよくしたりエクササイズを継続することで、周辺の筋肉が鍛えられるので、コリやすい方は予防にもなるでしょう。

二重あごの方は上半身に脂肪が付きやすい傾向があるため、集中的に血流やリンパを流せるようにすれば、上半身をすっきりして過ごすこともできます。

すぐに始められる!二重あごを改善する5つの方法

すぐに始められる!二重あごを改善する5つの方法

今日からすぐに始められる二重あごの改善方法を5つご紹介します。

毎日コツコツ継続することで効果が得られるため、日常生活の中に上手に取り込んでみてください。

一日に集中的に行うのではなく、毎日短時間の継続が効果的です。

歯磨きやスキンケアの時のついで、メイクの前などに試してみてください。

顎関節症の方やかみ合わせに問題のある方は、開口筋群を動かすようなことは避け、無理のない範囲で行ってください。

それでは5つの改善方法を見ていきましょう。

  1. 滑舌も改善できる舌回し
  2. リフトアップ効果もある「あいうえお」
  3. スキンケアのついでにマッサージ
  4. 表情筋が鍛えられる美顔器
  5. 肩のストレッチで二の腕もすっきり

滑舌も改善できる舌回し

滑舌も改善できる舌回し

いつでも気づいたときに手軽にできるのが舌回しです。

喉の奥にある舌骨を囲む筋肉群の舌骨筋(ぜっこつきん)を鍛えられる方法で、2種類のみなので簡単にできます。

まずは口を閉じた状態で舌の先が歯の表面に当たるように上歯を右から左→下歯を左から右にぐるりと一周します。

続いて口を大きく開けて舌の先が唇に当たるように、同じくぐるりと一周させます。

左右50回ずつが理想ですが、始めは10回から始めて徐々に数を増やしていきましょう。

普段無意識に口が開いてしまう方、口呼吸になってしまう方は、意識して口を閉じ鼻呼吸をするようにしましょう。

舌回しを行うと舌の動きがスムーズになるので、滑舌の改善も期待できます。

舌がもつれてしまう、さ行がうまく言えないという方は、舌と口周りの筋肉が衰えていると考えられます。

舌回しは朝昼晩の3セットくらいにしておきましょう。

疲れるまでやりすぎてしまうと口周りや首が痛くなり、しゃべりにくくなることもあるのでご注意ください。

リフトアップ効果もある「あいうえお」

リフトアップ効果もある「あいうえお」

二重あごを改善してフェイスラインのリフトアップ、首のシワ対策効果があるエクササイズです。

真上を向いて50音をしっかり発音していくだけです。

表情筋すべてを使って口を大きく開け、「あ」~「ん」まで一文字ずつおおげさに発音していきます。

始めは順調にいっても、途中からきつくなってくるため、無理せずゆっくり続けていきましょう。

数日繰り返すと最後までスムーズに言えるようになってきます。

1回で3セットが理想です。

真上を向き続けているのに慣れてきたら、ななめ右上、ななめ左上を向き、首の筋が伸びているのを意識しながら行うようにしてください。

上・右・左を1セットするだけでも150回なので、かなり疲れてきます。

また、この時に余裕があれば、1音ごとにつま先を上げ下げするとふくらはぎのシェイプアップも同時にできます。

スキンケアのついでにマッサージ

スキンケアのついでにマッサージ

スキンケアの一番最後、油分の多いクリームや乳液を塗る時にできるマッサージです。

マッサージクリームが最適ですが、ない場合は乳液やクリームなど少し重めのテクチャーのアイテムでOKです。

あご下のリンパを流すマッサージからご紹介します。

  1. スキンケアが完了したら、多めに乳液やクリームを首に塗る
  2. 右手で左側のあごの下から耳の下まで、フェイスラインに沿って指先でなぞるように引き上げる
  3. 耳の下から首の側面を通って鎖骨のくぼみの下までリンパを流す

耳の下や鎖骨の下はリンパが詰まりやすい部位なので、やさしく擦るようにしてしっかり流しましょう。

左右10回ずつくらい行い、途中で潤滑しなくなったらクリームを足し、摩擦を与えないようにしてください。

続いてあごのマッサージです。

  1. 人差し指だけ立てて曲げ、カギ状にする
  2. あごの奥のくぼみから縦に走る筋肉の、「オトガイ舌骨筋」に人差し指のカギ部分を当てる
  3. 30回ほど痛気持ちいい強さで上に向けて圧をかけ、押しながら小刻みに横に揺らしながらほぐす

オトガイ舌骨筋は舌に力を入れた時に、人差し指を下に押しのけるのでわかりやすい筋肉です。

オトガイ舌骨筋をやさしくほぐしていくが目的なので、力を入れずに行いましょう。

肩のストレッチで二の腕もすっきり

肩のストレッチで二の腕もすっきり

肩のストレッチをして上半身をほぐし、あごだけでなく二の腕もすっきりさせましょう。

  1. 両手を前に伸ばして手首をクロスする
  2. 肩を中心に腕を固定したまま後ろに10回回す
  3. 次に前に10回回す

前に回すのは少し難しいですが、手首が離れないように気を付けてください。

肩を回すので二の腕や肩甲骨にも効果的です。

座り仕事の方は、定期的にいすの背もたれに手をかけて背中を伸ばして上を向き、あごも伸ばすようにしましょう。

パソコン作業は下を向き続けるので、二重あごになりやすいです。

休憩を取って定期的に上半身を動かすようにしてください

表情筋が鍛えられる美顔器

表情筋が鍛えられる美顔器

すぐにできる方法ではありませんが、ひとつ持っていると便利な美容アイテムを活用するのも良いでしょう。

今では自宅でエステ並みのケアが手軽にできる家庭用美顔器が多く発売されています。

1万~3万円くらいの価格帯のものが多く、主に表情筋を鍛える美顔器です。

外側から手でマッサージをしたり、エクササイズをして筋肉を鍛えることも十分効果的ですが、ワンランク上のケアをしたい方は美顔器を使ってみましょう。

美顔器は筋肉に直接働きかけて人工的に収縮運動を起こすため、効率的に鍛えられます。

TVを見ながらや寝る前の数分などで手軽にできるため、時短ケアができるのも魅力です。

本格的に二重あごケアをしたい方、マッサージやエクササイズを一通り試してみたけど、さらにもう一歩進んだケアをしたい方は試してみてください。

まとめ

気になる二重あごの解消法!たるみをなくして綺麗なフェイスラインに

二重あごになる原因、改善方法をご紹介しました。

毎日のエクササイズやマッサージで解消が期待できます。

まずは2週間でも継続すれば効果が分かってくるでしょう。

改善方法も日常生活で気を付けることや取り入れられることばかりなので、無理せず続けてみてください。

あごが引き締まってくるだけでなく、フェイスラインがすっきりしてたるみが目立ちにくくなったり、滑舌がよくなったりと他にも効果を実感できるでしょう。

普段の生活を見直し、すっきりシャープなあごにしていきましょう。

二重あごやたるみのことならいわき市のエステサロン「Grace」のアクセス情報

  • エステサロンGrace いわき市店
  • 〒972-8316 福島県いわき市常磐西郷町岩崎1−1 メリディアン 2F
  • 電話番号:0246-51-6161
  • 定休日:日曜日・祝日

関連記事

  1.      顔のたるみについて

    気になる顔のたるみが起きる原因と解消するための4つの方法とは…

  2.      光フェイシャルとは?

    光フェイシャルとは?施術内容や期待できる効果やリスク

  3.      フェイシャルエステとは?

    フェイシャルエステとは?期待できる効果や肌ケアの方法