福島県いわき市の痩身ダイエットや小顔フェイシャル、脱毛で人気のエステサロン「Grace」

ブログ

|

ひどい乾燥肌を何とかしたい!気を付けたい生活習慣や正しいスキンケアとは

ひどい乾燥肌を何とかしたい!気を付けたい生活習慣や正しいスキンケアとは

「なんとなく肌がパサついている」

「いつも乾燥気味で肌がかゆい」

頑張ってケアしているつもりなのに、なかなか乾燥肌が改善されなくてお悩みの方もいるのではないでしょうか。

しかし正しい生活習慣やスキンケアの方法さえ分かれば簡単に潤いのある肌を目指すことができます。

乾燥肌の知識を正しく理解し、美しい肌を手に入れましょう。

これからこの記事では、乾燥肌の原因や対策のための正しいスキンケアの方法について詳しく解説していきます。

また最後に美肌におすすめの陶肌トリートメントについての紹介もしていきます。

Contents

乾燥肌とは?

乾燥肌とは?

肌の表面にある角質層の水分不足によって肌が乾燥した状態を乾燥肌といいます。

乾燥肌を放置すると肌のバリア機能(肌を外部刺激や紫外線などから守る機能)が失われ、さらに肌を乾燥させてあらゆる肌トラブルにつながります。

乾燥肌によって肌がパサついたり、赤くなったり、かゆくなったりしてしまうこともあります。

また、肌が乾燥した状態を放置すると皮膚科の受診が必要になることもあるため、たかが乾燥と甘く見てはいけません。

乾燥肌は空気が乾燥しやすい冬に多い症状ですが、最近では夏のエアコンも原因になることもあります。

乾燥肌は油分不足でも起こる

乾燥肌は肌の水分不足・油分不足・水分油分不足のどれかが原因で起こります。

乾燥肌といえば水分不足を思い浮かべがちですが、実は水分不足に大きな影響を与えているのが油分不足です。

肌の油分が失われることで水分を保つ力が弱まり、水分が失われて乾燥肌になってしまいます。

また肌の油分は年齢と共に大きく減少します。

そのため、年齢に応じたケアで油分を補い肌の水分量を保つことが大切です。

【乾燥肌の初期症状】

  • 肌のカサつき感
  • 肌のごわつき感
  • 肌の表面に白い粉がふく
  • 肌のツッパリ感

などが乾燥肌の初期症状です。

初期症状を放置するとさらにこの症状に加えて以下の症状が出始めます。

【乾燥肌が悪化した状態】

  • かゆみ
  • 痛み
  • あかぎれ

など、乾燥肌がひどくなるとこのような症状がでることもあります。

この状態がひどくなると皮膚科受診が必要になることもあります。

乾燥肌と敏感肌は似ているけど違う

乾燥肌と敏感肌は似ているのでよく混同して考えられますが、2つは違う症状です。

肌トラブル原因症状時期
乾燥肌水分・油分不足 *紫外線・加齢・ストレス・睡眠不足なども影響を与えるかさつき 乾燥感 かゆみ 赤み空気が乾燥している時期 主に冬ですが、1年中起こる
敏感肌肌質 *乾燥肌・ストレス・季節の変わり目が引き金になることが多い赤み かゆみ季節の変わり目などに多いですが、1年中起こる

乾燥肌になることで肌のバリア機能が低下し、敏感肌にもなりやすくなります。

乾燥を防いでしわ・しみ・たるみを予防しよう

乾燥肌は肌の状態を悪化させるだけでなく、しわ・しみ・たるみなどの原因にもなります。

最初は乾燥肌が原因でできた浅いしわ(「乾燥しわ」)でも、放置すると深いしわになって消えにくくなってしまいます。

また、乾燥肌によって肌のバリア機能が低下し、紫外線や外部からのストレスの影響を受けやすくなり、しみ・たるみの原因にもなります。

美肌を保つためにはまず肌を乾燥させないことが大切です。

乾燥肌になる原因とは?

乾燥肌になる原因とは?

「セラミド」が不足

肌の保湿にとって「セラミド」が大切です。

「セラミド」とは角質層にある細胞の間にあり、角質層内の水分を保つ成分の事です。

この「セラミド」が減少すると、肌の水分まで減少し乾燥肌になってしまいます。

【セラミドが失われる原因】

  • 加齢
  • 紫外線
  • こすりすぎるクレンジング・洗顔
  • スキンケア不足
  • ストレス
  • 外部刺激

肌の潤いを保つためには「セラミド」を保つことが大切です。

乾燥した空気

空気が乾燥することで肌の内部にあるセラミドや天然保湿因子が減ってしまいます。

この成分が減ることで肌の水分量が減り、乾燥肌になってしまいます。

強い力でこする洗顔

肌を強い力でこするとセラミドや肌の保湿を守るための成分が減少します。

それによって肌のバリア機能が失われ乾燥肌になってしまいます。

また、強い力でこする以外にも洗い流す時の温度には注意が必要です。

熱いお湯で洗うことで水分が蒸発し、乾燥肌につながってしまいます。

加齢

加齢に伴って肌のバリア機能が低下していきます。

肌のバリア機能低下によって肌の水分を保つ力も減少し、乾燥肌になりやすくなります。

そのため、年齢に応じたスキンケアが大切になってきます。

紫外線

紫外線は肌への刺激が強いため、肌のバリア機能を低下させます。

バリア機能の低下によって水分を保つ力も弱くなり、乾燥肌につながってしまいます。

そのため、紫外線の強い夏だけではなく、1年中日焼け止めを塗るなどして、紫外線対策をすることが大切です。

生活習慣の乱れ

美肌を保つためには健康的な生活習慣が大切です。

整った食事で肌の健康に必要な栄養を補い、肌を美しく保つために必要な栄養素を摂取する必要があります。

また、睡眠不足やストレスも乾燥肌の原因の一つです。

これらによって肌の「ターンオーバー」のサイクルを乱してしまうこともあります。

「ターンオーバー」の乱れは肌のバリア機能を低下させ、肌を乾燥させてしまいます。

【「ターンオーバー」とは】

ターンオーバーとは

ターンオーバーとは、肌の奥の層にある細胞が肌の表面に上がってきて、表面の古い細胞から新しい細胞に変わる肌の細胞の代謝サイクルのことです。

ターンオーバーが乱れると肌が乾燥しやすくなり、肌トラブルの原因になります。

【合わせて読みたい記事】

効率的な肌のターンオーバーとは?仕組みや気を付けたい習慣とは

乾燥肌を放置するデメリットとは?

乾燥肌を放置することによって肌のバリア機能が低下し、しみ・しわ・たるみの元になるなど、乾燥肌を放置すると多くのデメリットがあります。

また、様々な皮膚トラブルの原因にもなります。

【乾燥肌から起こる皮膚トラブル】

  • アトピー性皮膚炎
  • 乾皮症
  • 乾燥性皮膚炎

など、乾燥肌は皮膚の病気の原因にもなります。

これらの皮膚病になった際は、皮膚科で適切な治療を受けるようにしましょう。

乾燥肌を防ぐための正しい「スキンケア」とは?

乾燥肌を防ぐための正しい「スキンケア」とは?

乾燥肌を防ぐための正しい「クレンジング」とは

潤いのある肌を保つために大切なのが「クレンジング」です。

肌のバリア機能を保つためには、1日の終わりにしっかりメイクを落とすことが大切です。

しかし、きれいに洗い流そうとするあまりに肌をこすったり、洗いすぎたりすると肌の水分が失われてしまう原因になるので注意が必要です。

【クレンジングの選び方】

  • 界面活性剤不使用を選びましょう

界面活性剤入りのクレンジングはメイクを落とす作用が強いため、多くのクレンジングに入っています。

しかし、界面活性剤は肌には刺激が強く、肌の油分や水分を奪ってしまうこともあります。

特に石油系の界面活性剤は肌への刺激が強いので、肌の乾燥を防ぐためには界面活性剤不使用の商品がおすすめです。

  • ジェルタイプを使用しましょう

メイクを簡単に落とせるということで人気のクレンジングオイルですが、肌にとっては刺激が強いので、乾燥肌には不向きです。

肌のためには刺激が弱いジェルタイプか乳液タイプのクレンジングがおすすめです。

  • 洗い流すタイプを使用しましょう

最近は洗い流さないタイプのクレンジングも多く発売されています。

100均でも売っているシートタイプのクレンジングやティッシュで拭きとるタイプのクレンジングなどがあり、旅先や外出先でも手軽に使用できるということで人気です。

しかし、美肌のためにはあまりおすすめできません。

洗い流さないということで、どうしてもクレンジング成分が肌に残ってしまい、肌のバリア機能が低下したり肌の保湿剤が浸み込みづらくなったりして、肌の水分が失われてしまうことがあります。

クレンジングを使用する時は、洗い流すタイプのものを使いましょう。

【正しいクレンジングの方法】

乾燥肌を防ぐ肌に優しいクレンジングを選んだら次はクレンジングの方法が大切です。

ここから正しいクレンジングの方法を説明していきます。

  1. 手をきれいに洗う
  2. 各クレンジング剤の裏面に書いてある適正量を掌にとる
  3. クレンジングを掌になじませ、両側の頬、額、その他の部分の順で指の腹で螺旋状に優しく広げる
  4. 鼻筋は指先で上下になぞるような感じで洗い、小鼻は指先でくるくると円を描くように汚れをとっていく
  5. クレンジングが顔全体になじんだらすぐに洗い流す

このような手順で優しくこすらず丁寧に行いましょう。

乾燥肌を防ぐための正しい「洗顔」とは

乾燥肌を防ぐための正しい「洗顔」とは

クレンジングの次は顔の汚れを洗い流す「洗顔」です。

肌のバリア機能を守り、水分を保つためにはこすらず優しく行うことが大切です。

【乾燥肌を防ぐための大事な洗顔のポイント】

  • 強い力でゴシゴシと洗わない

肌を強くこすると肌のバリア機能が失われる原因になります。

そのため、洗顔を行うときはしっかりと泡立て泡で皮膚を優しく包むように洗いましょう。

  • ぬるま湯で洗い流しましょう

熱すぎるお湯は肌のバリア機能を低下させてしまいます。

肌にとって大切な油分も洗い流されて水分も蒸発してしまうため、ぬるま湯(36℃~38度程度)で洗いましょう。

  • 水だけの洗顔もやめましょう

乾燥肌を防ぐ目的で朝は水だけで洗うという人がいますが、睡眠中は意外と汗もかき、汚れも溜まっているので朝も洗顔料を使用して洗顔するようにしましょう。

朝の洗顔で前日の夜のスキンケアの余分な油分なども洗い流すと肌の健康につながります。

【正しい洗顔の方法】

  • 洗顔料をしっかりと泡立てる

泡の目安は掌に泡をのせて逆さにしても下に落ちない程度です。

  • 泡を顔に転がすような感じで優しく洗う

Tゾーン・小鼻は油分が多いので優しく丁寧に洗いましょう。

  • ぬるま湯で優しく洗い流す

約1分間、20回程度、洗顔料が残らないようにしっかりと洗い流しましょう。

洗い残しはバリア機能の低下につながります。

  • 清潔なタオルでこすらず、押さえるような感じで水分を拭き取る

このような手順で優しく丁寧に肌の汚れを洗い流しましょう。

くれぐれも強くこすらないように注意してください。

【合わせて読みたい記事】

正しい洗顔方法とは?毛穴対策もできて美肌になる秘訣

乾燥肌を防ぐための正しい「保湿」とは

乾燥肌を防ぐための正しい「保湿」とは

洗顔が終わったら次は保湿です。

洗顔後の肌は水分が蒸発しやすい状態なので、洗顔後はすぐに保湿するようにしましょう。

【乾燥肌を防ぐための大事な保湿のポイント】

  • 低刺激の化粧品を使用しましょう

肌の刺激が強い化粧品を使用すると、肌のダメージにつながりバリア機能が低下してしまいます。

肌の刺激が強い成分
  • アルコール、エタノール
  • 防腐剤(「パラベン」「エビト酸塩」)

「アルコールフリー」「防腐剤フリー」などの表示がしてある化粧品を選ぶと安心です。

  • 洗顔後すぐに保湿しましょう

洗顔後の肌は非常に乾燥しやすい状態です。

そのため、できれば洗顔後すぐに保湿をするようにしましょう。

遅くても洗顔後10分までに保湿をすることが大切です。

まずは化粧水をつけて、その後に乳液かクリームをつけて化粧水の水分が蒸発しないようにしましょう。

  • 強くこするように保湿剤を塗らないようにしましょう

化粧水をつける時によく強くパッティングする人がいますが、それは肌の負担になるのでやめましょう。

できれば掌で優しく浸み込ませるように水分を浸透させるようしてケアするようにしましょう。

  • 長時間シートパックを付けたままにしないようにしましょう

よくシートパックを長時間付けると肌が保湿されると思っている人がいますが、長時間シートパックをすると肌の水分が蒸発して逆に乾燥してしまうので、長時間のシートパックは辞めましょう。

シートパックの目安時間は商品の裏側に書いてある使用時間です。

  • 保湿成分入りの保湿剤を使用しましょう

肌の水分を保つための力が弱まっているのが乾燥肌です。

肌の保湿を保つためには保湿成分が入っている保湿剤を使用することが大切です。

代表的な保湿成分に「セラミド」「ヒアルロン酸」「スクワラン」などがあります。

これらの保湿成分が含まれている保湿剤を使用するようにしましょう。

【正しい保湿の方法】

  • 化粧水の裏側に書いてある適正量をコットンか掌にとる

量が少ないと肌をこすることにつながり、肌の負担になるので、必ず適正量か少し多めの量を使用するようにしましょう。

  • コットンか掌で顔の全体になじませます。

必ずこすらず肌に浸透させるような感覚で優しくなじませましょう。

  • 化粧水が塗り終わったら乳液もしくはクリームを2のような手順で塗る

乳液だけもしくは乳液後にクリーム、もしくはクリームだけなど、個人の年齢や体質に合った保湿方法で行いましょう。

  • このケアでまだ乾燥が気になる方は、乾燥しやすい部位の専用クリーム、保湿クリームなども使用する

保湿ケアで最も重要なことは「化粧水のみでケアをやめない」ということです。

せっかく化粧水で保湿しても乳液やクリームの油分で蓋をしなければ水分が蒸発してしまいます。

必ず化粧水の後に乳液かクリームを使用するようにしましょう。

乾燥肌を防ぐための正しい「紫外線対策」をしましょう

乾燥肌を防ぐための正しい「紫外線対策」をしましょう

肌は紫外線を受けるとバリア機能を低下させてしまいます。

肌のバリア機能を守るためには紫外線対策が必須です。

ではこれから乾燥肌を防ぐための正しい「紫外線対策」について説明していきます。

【乾燥肌を防ぐための大事な紫外線対策のポイント】

1年中日焼け止めを塗りましょう

夏は紫外線が強いので対策をするという人は多いですが、実は紫外線は1年中降り注いでいます。

そのため雨でも曇りの日でも日焼け止めや日焼け止め入り化粧下地を使用するようにしましょう。

日焼けは肌の乾燥だけでなく、しみ、しわ、たるみなどの原因になります。

1年中日焼け止めをしっかりと塗って美肌を保ちましょう。

紫外線が強い時は帽子や日傘を使用する

日焼け止めを使用しても紫外線が強い時はどうしても紫外線の影響を受けてしまいます。

紫外線の影響をできるだけ少なくするためにも、帽子や日傘を使用してみましょう。

乾燥肌を防ぐための年齢に合ったスキンケアとは

乾燥肌を防ぐための年齢に合ったスキンケアとは

乾燥肌にならないためには今の自分の年齢に合ったケアをすることが大切です。

人間は加齢とともに肌の水分を保つ機能が低下していきます。

肌の保湿にとって大切な「セラミド」も加齢で失われることが分かっています。

そのため、若い頃と同じスキンケアをしていると肌の潤いの低下につながります。

ずっと同じスキンケアをしている方は年齢に見合った化粧品に変えたり、保湿クリームを増やしたりしてみましょう。

乾燥肌を防ぐためには体の保湿も大切

乾燥肌を防ぐためには体の保湿も大切

顔の乾燥については注意している人が多いですが、乾燥肌は顔以外の皮膚のどこでも起こる可能性があります。

顔だけでなく全身の乾燥対策が大切です。

体の保湿で大切なのは、入浴後すぐに全身の保湿を行うということです。

入浴後の体は肌の水分が蒸発しやすいなので、入浴後すぐに保湿クリームや保湿剤を塗ってケアを行いましょう。

【特に乾燥しやすい体の部位】

  • かかと
  • ひじ
  • ひざ
  • 手足
  • 横腹

このような部位は体の油分が少ないので乾燥しやすいです。

乾燥を感じる前から日常的に保湿剤を使用してケアするようにしましょう。

乾燥肌を防ぐための正しい生活習慣とは?

乾燥肌を防ぐためにはスキンケアだけでなく生活習慣も大切です。

これから乾燥肌を防ぐための正しい生活習慣について説明していきます。

「規則正しい生活」をしよう

睡眠不足・ストレス・栄養不足は肌のターンオーバーを乱す原因になります。

肌のターンオーバーが乱れると肌のバリア機能が低下し、乾燥肌につながってしまうこともあります。

美肌を保つためにはストレスの少ない規則正しい生活が大切です。

「湿度」に気を付けよう

皮膚にとって一番快適な湿度は60%です。

湿度が50%より低くなると肌の水分が蒸発しやすくなり乾燥肌になってしまう可能性があります。

湿度の低い冬は特に注意が必要です。

最近は夏でもエアコンを使用するので空気が乾燥しがちです。

乾燥が激しい時は加湿器を使用する、空気を定期的に換気するなどして快適な湿度を保ちましょう。

「入浴」に気を付けよう

入浴は1日の疲れを癒す大切な時間です。

しかし入浴の仕方によっては乾燥肌を助長しまうので、気を付ける必要があります。

【入浴で気を付けるポイント】

  • 熱すぎる温度設定にしない

熱すぎるお湯は肌の水分を蒸発させてしまいます。

お湯の温度は40度程度に設定しましょう。

浴槽に長時間浸からない

長時間お湯につかっていると肌の乾燥の原因になります。

長くても10分程度にしましょう。

強い力で洗わない

洗顔と同じで強い力でこすると肌のバリア機能が低下します。

体も泡で優しく丁寧に洗うようにしましょう。

注目の陶肌トリートメント

注目の陶肌トリートメント

美肌にとって効果があるといわれている陶肌トリートメントがおすすめです。

陶肌トリートメントとは陶器のような美しい美肌へ導くオリジナルトリートメントです。

植物幹細胞成分・天然植物由来成分・陶肌パウダーなどでマッサージして肌の免疫力・保湿力・代謝機能を高めます。

陶肌トリートメントはこんな方におすすめ

  • 最近シミやしわが気になる
  • 毛穴のない美肌を目指したい
  • 乾燥肌をどうにかしたい
  • 芸能人みたいなつるつる肌に憧れる

このように肌へのお悩みがある方におすすめです。

陶肌トリートメントの特徴

  • 植物幹細胞で老い知らず

植物幹細胞には老いる、ということがありません。

植物幹細胞のその特徴に着目して、陶肌トリートメントが生まれました。

肌のターンオーバーは老化と共に乱れてきます。

そこで老い知らずの植物幹細胞の成分を肌に浸透させることで、肌の老化を防ぐことを目指します。

  • 陶肌パウダーの成分がすごい

陶肌パウダーには肌によいとされる成分がたくさん詰まっています。

【陶肌パウダーに含まれる主要な成分】

  • シリカ
  • 火山岩
  • カキ葉
  • ヨモギ葉エキス
  • スギナ葉エキス
  • 酵母エキス

などを肌に最適な比率で混ぜ合わせたパウダーを使用しています。

陶肌トリートメントの効果

陶肌トリートメントの効果

陶肌トリートメントには肌本来の力を活性化させるという効果があります。

乾燥・肌荒れ・しみ・しわなどの肌トラブルの多くが肌の内部のバランス低下によって起こっています。

陶肌トリートメントで肌内部を活性化し、肌の内部から美肌へ向かわせること期待できます。

陶肌トリートメントの流れ

  1. カウンセリング
  2. クレンジング
  3. 洗顔
  4. 角質の拭き取り
  5. 陶肌トリートメント
  6. パック
  7. ジェル
  8. クリーム

このように陶肌トリートメントは行われます。

気になる方は1度陶肌トリートメントを受けてみてはいかがでしょうか。

【合わせて読みたい記事】

陶肌トリートメントとは?注目される効果やおすすめ商品について

まとめ

乾燥肌のスキンケアまとめ

乾燥肌は日常生活やスキンケアなど日々の心がけで防ぐことができます。

正しい乾燥肌の知識を手に入れ、毎日正しいケアをすることでつやのある美しい肌をキープできます。

いつまでも若々しく美しくいたい女性にとって肌は1番大切といってもいいでしょう。

肌は年齢や日々のケアが最もあらわれます。

日々の心がけで乾燥を防ぎ美肌を手に入れましょう。

乾燥肌のことなら、いわき市のエステサロン「Grace」のアクセス情報

  • エステサロンGrace いわき市店
  • 〒972-8316 福島県いわき市常磐西郷町岩崎1−1 メリディアン 2F
  • 電話番号:0246-51-6161
  • 定休日:日曜日・祝日

この記事の監修者

エステサロンGraceの代表「賀澤あゆみ」

エステサロンGrace代表 賀澤あゆみ

福島県いわき市にあるプライベートエステサロンGraceの代表兼エステティシャン。REVI陶肌トリートメントエステティシャン・スクール認定講師やMedical Lymph Therapist、Face Lymph Therapist、モルディングハーブセラピスト、SBTスーパーブレイントレーニングライセンス3級など美容に関わる資格を多数保有しており、”美”の専門家として多方面で活躍中。