福島県いわき市の痩身ダイエットや小顔フェイシャル、脱毛で人気のエステサロン「Grace」

ブログ

|

マスク生活でフェイスラインにニキビが増えた!!マスクの肌荒れを防ぐ方法とは

マスク生活でフェイスラインにニキビが増えた!!マスクの肌荒れを防ぐ方法とは

新型コロナウイルスの流行によってマスクの着用が当たり前になりました。

ウイルス予防のためのマスクですが、長時間の着用はニキビの原因になってしまいます。

実際にマスク着用が原因で起こるマスクニキビ「マスクネ」で悩まされている人が増加しています。

これからこの記事ではマスクによって肌荒れやニキビができやすくなる原因やその対処法について紹介していきます。

マスクが原因で起こるニキビの原因と正しい対処法を知って、ニキビのない美しいお肌を目指しましょう。

マスクの着用でニキビに悩む人が増加している

マスクの着用でニキビに悩む人が増加している

新型コロナウイルスのパンデミックによってマスクの着用が日常的になりました。

蒸し暑い夏でも着用しなければならない場面が増えるなど、お肌にとっては負担になることもあります。

元々マスクで覆う部分の皮膚は薄い繊細な皮膚ということもあり、マスクが負担となってニキビが増えているようです。

最近ではマスクが原因でできるニキビを「マスクネ」と呼ぶ造語までできるようになりました。

マスクが原因でニキビができても、なかなかマスクを外せない毎日が続くため、ニキビを治す機会を失っている人もいるかもしれません。

マスクネの原因を知って、正しく対処することで予防していきましょう。

マスクで肌荒れやニキビができやすくなる原因

マスクで肌荒れやニキビができやすくなる原因

マスクは長時間着用するとお肌への負担となってしまうことがあります。

肌荒れやニキビもマスク着用で増えてきています。

マスクが原因で起こる肌荒れやニキビの原因を知って、正しく対処できるようにしていきましょう。

では、これからマスクで肌荒れやニキビが起こりやすくなる原因をご紹介していきます。

肌荒れ・ニキビの原因特徴
マスクによる擦れマスクが肌に擦れることによって皮膚が刺激を受ける
マスクによる蒸れマスクに覆われている部分が蒸れることによって雑菌が繁殖する
マスクを外した時の乾燥マスクを外すと肌の水分が一気に蒸発し、乾燥しやすくなる

マスクが擦れる

マスクが肌にあたることで皮膚が擦れて刺激を受けてしまいます。

刺激を受けると肌のバリア機能が低下して、さらに外部刺激から肌を守るために角層が分厚くなって毛穴を詰まらせてしまいます。

そして、詰まった毛穴の中でニキビの原因である「アクネ菌」が増殖し、ニキビができてしまいます。

マスクが擦れやすい部位にニキビができやすいのは、マスクの擦れが原因です。

マスクで蒸れる

マスクの中では絶えず呼吸しているため、マスクと皮膚の間は温度が高くて湿った状態になっています。

ニキビの原因菌である「アクネ菌」やその他の雑菌は高温多湿の環境を好むため、マスク内は雑菌が繁殖しやすい環境です。

このように、マスクによって雑菌が繁殖しやすい環境がニキビの原因となる菌を増殖させ、ニキビの原因となっています。

マスクを外すと乾燥する

マスクをしている間は、湿度が高い環境にいるお肌ですが、マスクを外した瞬間にそれまで蒸れていたお肌が一気に外気に触れて水分が蒸発してしまいます。

そのため、マスクを外した瞬間に急にお肌が乾燥してしまいます。

乾燥するとお肌は皮脂を分泌するので毛穴が詰まってアクネ菌の増殖につながり、ニキビの原因にもなります。

このように、湿度の急な変化もニキビの原因の1つです。

マスクでニキビや肌荒れを起こす原因が分かっても、これからもマスク生活は続きそうなのでなかなかマスクを外せない日々は続きます。

しかし、ご安心ください。

マスクが原因で起こるニキビへの対処法もあります。

これからマスクが原因で起こる肌荒れやニキビへの具体的な対処法を紹介するので、みなさんも試してみてください。

マスクが原因で起こる肌荒れやニキビへの対処法

マスクが原因で起こる肌荒れやニキビへの対処法

マスクが原因の肌荒れやニキビへの対処法は3つのアプローチ別に分けることができます。

では、これからスキンケア・お肌の保護・マスクの3つのアプローチからの具体的な対処法を紹介していきます。

1.      スキンケアをしよう

肌に優しい洗顔

マスクを外した後のお肌は汚れや雑菌がたくさん付着しているので、丁寧に洗顔を行いましょう。

ただし、綺麗に汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのは厳禁です。

あくまで柔らかい泡で優しく丁寧に洗いましょう。

マスクを日常的に着用することで刺激を受けたお肌には、刺激の少ない優しい洗顔料を使用することも大切です。

最後に拭き取るタオルも清潔なものを使いましょう。

低刺激が洗顔の選び方
  • パラベンフリー
  • アルコールフリー
  • 界面活性剤フリー

このような刺激の少ない洗顔料を選ぶのがおすすめです。

低刺激の化粧水を使用

刺激を受けてバリア機能が低下したお肌は乾燥しやすいという特徴があります。

そのため、洗顔後はすぐにたっぷりと化粧水を使用して保湿しましょう。

刺激を受けたお肌には低刺激の優しい成分の化粧水を使うのがおすすめです。

乳液で保湿

洗顔後、化粧水で保湿を行ったら素早く乳液やクリームなどの油分で水分の蒸発を防ぎましょう。

化粧水だけでスキンケアを終えてしまうと、水分が蒸発しお肌がさらに乾燥してしまいます。

マスクで刺激を受けたお肌には低刺激のマイルドな乳液やクリームがおすすめです。

マスクを外したらすぐにスキンケア

家に帰ってマスクを外したら素早くスキンケアを行うことも大切です。

マスクを着用した後のお肌は皮脂や雑菌がたくさん付着しています。

メイクを落としてもよい状態になったら素早くメイクオフし、スキンケアを行ってお肌を清潔に保ちましょう。

2.      お肌を保護しよう

マスクに触れる部分はクリームを塗る

マスクによる擦れからお肌を守るために、マスクを着用する前にお肌を保護するためにワセリンやクリームを塗ってみましょう。

マスクと擦れやすい部分にクリームを塗っておくことで、擦れによる刺激が軽減され、乾燥も防いでくれます。

メイクをした後であれば、メイクの上からマスクが擦れる部分だけに薄くクリームを塗って、その上からフェイスパウダーを塗るのがおすすめです。

クリームではなくワセリンでも代用可能です。

汗をこまめに拭き取る

マスクの中は蒸れやすく温度が上がりやすい状態です。

そのため、汗もかきやすい状態になっています。

汗は皮膚の汚れや雑菌の繁殖の原因になるので、汗をかいたらこまめに拭き取るなどしましょう。

ただし、お肌を傷つけないように柔らかいガーゼ生地のハンカチなどで優しく拭くようにしましょう。

マスクとお肌の間にガーゼを挟む

マスクとお肌の摩擦を防ぐために、マスクと皮膚の間にガーゼを挟むのもおすすめです。

お肌にあたっていても柔らかい繊維であればお肌の負担は軽減できます。

ガーゼがない場合であれば、柔らかめにティッシュなどを使用してみましょう。

ガーゼやティッシュは湿度も調整してくれるのでガーゼを挟むのはおすすめです。

3.      マスクを選ぼう

刺激の少ないマスクを選ぶ

マスクによっては肌への刺激が少ないタイプもあります。

マスクが原因のニキビでお悩みの場合は肌に優しい繊維のマスクに変えてみてはいかがでしょうか。

着けてみたときにちくちくしたりかゆかったりしない素材のタイプのマスクを選ぶのがおすすめです。

このように、マスクが原因の肌荒れやニキビへの対処法をご紹介しましたが、対処をしてみてもニキビができてしまうこともあります。

次に、マスクが原因でできてしまったニキビや肌荒れが起こったときはどうすればいいのか、について解説していきます。

ニキビができたときはどうする?

ニキビができたときはどうする?

いろいろと予防していてもニキビができてしまった時は、早めにケアをしてしっかりと治しましょう。

毎日マスクを着けている場合、同じ部分がいつも蒸れてニキビができやすい環境になってしまいます。

また、ニキビができやすい環境はニキビが治りにくい環境でもあります。

ニキビが出来た時は早めにケアをしてニキビを根本から治すことが大切です。

では、これからニキビができた時にどのような行動をとればよいのか、具体的に説明していきます。

ニキビを刺激したり潰したりしないようにしよう

ニキビは潰したほうが早く治ると思って潰している人はいませんか?

実はニキビは潰したり刺激したりすると繰り返したり、ニキビ跡が残ったりと悪化してしまう可能性があります。

ニキビができたときは、できるだけ触らず刺激せず、正しく対処して治るのを気長に待ちましょう。

メイクはできるだけしないようにしよう

メイクはバリア機能が低下したお肌にとっては強い刺激になってしまいます。

ニキビができている部位はお肌が弱っている部分なのでできるだけメイクは控えるようにしましょう。

ただし、スキンケアは大切です。

クレンジング・洗顔・化粧水・乳液の基礎化粧品を使ってしっかりとケアするのは忘れないようにしましょう。

保護クリームを塗ろう

マスクを着用する前にニキビができた部分に保護用クリームを塗るのもおすすめです。

ニキビがマスクとあたって擦れると刺激になるので、保護クリームを塗ってニキビ部分を守りましょう。

おすすめの保護クリーム

  • ノンアクネファーム(ニキビができにくいタイプ)
  • ノンオイル(油分を含まないタイプ)
  • ノンコメドジェニック(油分がふくまれていないタイプ)

保湿をしよう

ニキビの改善のためにはお肌の保湿が欠かせません。

肌の乾燥は刺激となり、バリア機能低下につながります。

できてしまったニキビを素早く治すためにはお肌の調子を整えることが大切です。

家に帰ってマスクを外したらすぐにメイクを落として保湿しましょう。

ニキビの上に化粧水や乳液を塗るとニキビを悪化させると思っている人もいますが、化粧水や乳液は低刺激のものを使用すればニキビの悪化にはつながることは少ないです。

自分のお肌に合ったスキンケア用品で乾燥に備えましょう。

皮膚科を受診する

ニキビを素早く治したい場合は皮膚科を受診するのも良いでしょう。

皮膚科でニキビの相談をすれば、それぞれの肌質に合った薬を処方してもらえるので、綺麗に素早く治すことができるでしょう。

また、個人に合ったスキンケア方法やニキビ対策についても教えてもらえます。

ニキビの治療は時間がかかることもありますが根本から改善させたい場合は皮膚科受診も検討するようにしましょう。

皮膚科受診の目安

  • ニキビ跡を残したくない
  • 早くニキビを治したい
  • 同じ部分にいつもニキビができる
  • なかなか治らないニキビがある

このようなお悩みがある方は、一度皮膚科を受診してみましょう。

治療薬もある

ニキビの治療薬はドラックストアや薬局でも購入できます。

皮膚科を受診したいけどなかなか行けないという人は一度市販薬を試してみてはいかがでしょうか。

消毒液で有名なマキロンからもニキビ治療薬がでています。

気になる方は一度ドラックストアや薬局をのぞいてみましょう。

まとめ

マスク生活でフェイスラインにニキビが増えた!!マスクの肌荒れを防ぐ方法まとめ

新型コロナウイルスによるパンデミックの影響でマスク着用が当たり前となった時代。

お肌には強いストレスがかかっています。

特にマスクで隠れた部分にニキビができる人が多く、皮膚科を受診する人も増えています。

マスクが原因でできるニキビは「マスクネ」と呼ばれ、マスクによる摩擦・蒸れ・乾燥がマスクネの主な原因だといわれています。

摩擦・蒸れ・乾燥に対処するために日頃からスキンケアを徹底し、皮膚を保護して、マスクも皮膚に優しい素材に変えてみるのがおすすめです。

自分でできる簡単なケアでニキビを予防していきましょう。

しかし、予防していても突然できるのがニキビの厄介な所です。

もしニキビができてしまったときは潰したり刺激したりしないようにして治していきましょう。

なかなかニキビが治らなったり何度も繰り返したりする場合は皮膚科を受診するのもおすすめです。

マスクが原因で起こるニキビの正しい知識を手に入れて美しいお肌を目指しましょう。

この記事の監修者

エステサロンGraceの代表「賀澤あゆみ」

エステサロンGrace代表 賀澤あゆみ

福島県いわき市にあるプライベートエステサロンGraceの代表兼エステティシャン。REVI陶肌トリートメントエステティシャン・スクール認定講師やMedical Lymph Therapist、Face Lymph Therapist、モルディングハーブセラピスト、SBTスーパーブレイントレーニングライセンス3級など美容に関わる資格を多数保有しており、”美”の専門家として多方面で活躍中。